アルゼンチンのスペイン語が学べる、唯一のオンライン学校を紹介!!

アルゼンチンに興味のある方、アルゼンチンが好きな方。
ブエノスアイレスなどに留学を希望している方で「アルゼンチンのスペイン語」を学びたい方も多いと思います。

私は、アルゼンチンに行ったことがあり、ラテンアメリカに3年以上住んでいるので、アルゼンチン人とも何度も話したことがあります。

ご存じの方も多いと思いますが、アルゼンチンのスペイン語は、独特であり、唯一無二。


スペイン語というか、アルゼンチンのスペイン語
としか言えないです。

今回は、日本でアルゼンチン人のスペイン語が学べるオンラインスクールを紹介します。

アルゼンチンのスペイン語が学べるオンラインスクール。

アルゼンチンのスペイン語を学べる、スペイン語オンラインスクール。

それは、DMM英会話です。

・・・英会話?と思いの方もいると思います。

ですが、DMM英会話の規則にある通り、ここのオンラインスクールでは英語以外の語学を勉強することも許可されています。

そして、現在DMM英会話には、アルゼンチンの先生在籍しています。

日本人の方が運営しているスペイン語のオンラインスクールを探してみるとわかるのですが、グアテマラの先生が中心であり、スペイン、ラテンアメリカの先生はごく一部です。

そんな中で、DMM英会話では、アルゼンチン人の先生が8名もいるので、ほぼつでもアルゼンチン人の人とスペイン語のレッスンを進めることが可能なのです。

(*DMM英会話において英語以外のレッスンは、サポートや補填の対象外となります。しかし、いままで何かしら起きて問い合わせしたことは一度もないです。先生の授業への取り組み姿勢が抜群であり、私の経験上出席率は100%なので、信用できる語学学校です。)

アルゼンチンのスペイン語レッスンを格安で受けることができる。

他のスクールだとポイント制になっていたりします。

例えば25分で300円分のポイントですとグアテマラ人の先生ですが、スペインの先生だと25分で900円分のポイント。

ペルーの先生の場合、25分で600円分のポイントなどになっています。

つまり、多く在籍しているグアテマラ人の先生より、数が少ないラテンアメリカやスペインの先生の料金は高くなっているのです。

ですが、本当に驚くべきことに、DMM英会話の先生は、スペイン語圏ではそのような国籍ごとの違いもなく、格安です。

なんと「25分約160円」です。

都内のマンツーマンレッスンは1時間3,000円~4,000円が相場だとおもいます。
移動費、相手のカフェ代もいれるとたった1回1時間で、5,000円近くかかることもあるのです。

DMM英会話の場合、1日のレッスン回数の月謝は変わりますが、一番高くなってしまうにしても「25分約200円」

それでも、信じられないほど安いです。

その値段でアルゼンチン人とオンラインレッスンできるサイトは、他に存在していません。

月謝は1か月ごとの更新になるので、12か月契約とかそういうものでもないのです。
すぐ辞めれるようにもなってますし、無料体験、無料登録においては費用もかかりません。

アルゼンチンのスペイン語の発音をオンラインで学べる!

なぜアルゼンチンのスペイン語の発音を学ぶのか。

それは、アルゼンチンが好きな方、アルゼンチンで住んでみたいなら、アルゼンチンの発音を話した方が馴染めてアルゼンチンに近づけると思います。

アルゼンチン人の、スペイン語は発音がまず、元からが違います。

「LL」の読み方が「ジャ、ジュ、ジョ」が、スペイン語圏だと一般的なのです。

アルゼンチンの場合、それが「シャ・シュ・ショ」なのです。

最初の自己紹介で名前を言う時に「Me llamo~」が「メ ジャモ」でなく「メシャモ」と言ってくるので、すぐアルゼンチン人とわかります。

ラテンアメリカにおいて、読み方がシャ行になるので、その人は一発でアルゼンチン人だとわかります。
また、普通のスペイン語を学ぶことになれると、アルゼンチンのスペイン語に矯正する必要があります。


私は、アルゼンチン人と話すと、会話を理解するのに、ワンテンポ遅れて理解することが多いです。

例えば、いま「シュビア(?)」って言ったよな。んっ。
あ・・・「ジュビア(Lluvia雨)」か。

という風に、全然違う単語のように理解してしまいそうになるので、いったん考えないと理解できないのです。
つまり、アルゼンチンのスペイン語に慣れてないと、会話がスムーズにならないのです。

ですので、スペイン語を学んだ人であっても、アルゼンチンでの生活をしたいのであれば、「ll」の単語の1つ1つの違いに慣れておくと、とても生活や会話が楽になります。

アルゼンチンのスペイン語文法に慣れることができる。

アルゼンチンやウルグアイには、「voseo」という文法があって、普通のスペイン語とは全く違います。
二人称単数の時に「vos」を使います。

ラテンアメリカでは、「tu」です

しかも、voseo独特の活用などもあるので、私はスペイン語のDELE B1という中級という資格を持っていてラテンアメリカに住んでいますが、いまだにアルゼンチンと話すと、何を話してくれているのかわからないときがあります。

文法は、学んだことを使ったり聞いたりして、自分に馴染ませることで語学が上達します。

アルゼンチンのスペイン語を話したいなら、まずアルゼンチン人と話す必要があります。

アルゼンチン留学前にも絶対おすすめのオンラインスクール。


アルゼンチンの「ll」の読み方、voseoなど、日本でスペイン語を学んでいても、学びにくいこと、そして会話の練習がしにくいです。

もしも日本でスペイン語を勉強していて、アルゼンチンのスペイン語を学んでいたとしても、会話や生活において慣れるまでは、現地でしばらくの時間が必要となります。

さらに、アルゼンチンにはアルゼンチン独特の単語などもたくさんあります。

例えば、バンドエイドのことを日本では、キズバン、サビオという呼び方でする地方もあり、スペイン語も同じように、各国のスペイン語単語あります。

DMM英会話では実際にアルゼンチン人の方と話すことにより、色々なアルゼンチンの単語を学ぶことができます。

アルゼンチンのスペイン語のオンラインスクールがおすすめできる様々な理由。

DMM英会話のメリットは下記です。

・25分160円~からと格安。
・自宅で学習にて、移動時間がないので、時間の有効活用ができる。
・アルゼンチン人の先生8名と会話ができる唯一のオンラインスクール。
・英語でスペイン語を教えたことの先生もいるので、英語でスペイン語レッスン受講も可能。


DMM英会話登録後、本当にアルゼンチンの先生がいるかの確認もできます。
無料登録、無料体験にて確認できるので安心してください。

アルゼンチンのスペイン語を学びたい場合、DMM英会話は、メリットがありすぎで、使わないと本当に持ったないと思ってしまうくらいです。

下記のリンクより登録いただくと、無料体験レッスン2回もついてきます。
無料登録、無料体験レッスンにおいて、費用は一切かかりません

試しに入会してみる

会話ができることで、将来のアルゼンチンの滞在や旅行が素敵な時間になることを願っています。
読んでいただきまして、ありがとうございました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました