海外で日本の電話番号の着信と通話発信ができる「ブラステル」とは?

現在海外に住んでいます。
仕事の都合上日本の電話番号を使用して着信と電話をしなければなりませんでした。

海外との取引は、Facebookメッセンジャー、WhatsApp、Line、Wechatを使うので、ネット環境があれば海外との仕事上ではスムーズにやり取りができていました。

しかし、いまだに、日本の企業とやり取りするときは、電話番号がほとんどです。
日本の取引先に連絡するときは、電話番号に着信が来てしまったり、電話を求められる時がある。

いままでは、Skypeの通話で相手の着信は非通知になりますが、格安で日本の番号に発信することができていました。

しかし、0120のフリーの電話番号には電話がかけられなくて、困ったこともありました。

さて、どうしたらいいかと考えました。
海外から、自分の日本の携帯電話番号を使うととんでもなく高い。

そんなときに「ブラステル」という携帯会社を見つけました。
今回は、私が実際に利用している「ブラステル」について詳しく紹介します。

ブラステルって何?

携帯電話の会社です。
登録すると、IP電話の050から始まる電話番号がもらえます。

料金はプリべイド式です。

ネット環境さえあれば、アプリを通じて電話番号が使えます。

相手にも電話番号の通知がでます。

ブラステルの使い方。

ブラステルの公式HPから、登録をします。
その後、ブラステルのアプリをダウンロードします。

そして、ネット環境があれば、アプリから電話の発信と受信をすることができます。

すごいシンプルです。

料金

登録料無料。

そして、月額無料。
プリべイド式なので、固定費がないです。

素晴らしすぎます。

通話をしたいときは、クレジットカードでチャージすれば大丈夫です。

海外にいても受信だけでしたら無料です。
これだけでも、誰かから連絡がきたと確認ができるので、便利です。

ブラステルの素晴らしい点4つ。

世界中どこにいても、着信が可能で着信の通話は無料。

ネットにつながる環境さえあれば、国内と国外からの電話着信が可能であり、無料です。
海外でWifiのある環境にいるか、SIMをさしておけば、いつでも着信を受け取れるのです。

私は、海外でSIMカードを現地のを利用しているので、24時間日本の電話番号からの着信が可能な状態になっています。

つまり、日本人の取引先の方から電話連絡がきたとしても、着信できて通話も可能。
さらに、こちらから電話番号を相手に通知して通話もできます。

0120への通話が可能であり、無料

いままではスカイプ通話で日本国内に電話していたのですが、0120にかけられない仕組みになってました。
しかし、ブラステルの場合は、0120に電話できます。

しかも、海外からですが0120の番号ですので、通話料無料です。

最初にも書いた通り、ブラステルはネット環境につながってさえいれば、通話できるので、通話料とかその他のお金が一切かからずに、0120への連絡が可能です。

用途ごとに目的がとても良い。

取引先の相手に電話番号を通知しなければならないほど重要な取引先、役員クラスの人に電話するときに、非通知というのはしにくいので、ブラステルを利用します。

スカイプ通話だと相手に非通知として着信番号が残らないので、誰からかかってきたかわかりません。
ですが、ブラステルの場合は、相手に電話番号が残るので、相手が折り返してくれたり誰だかわかってくれます。

役員クラスの人に電話するときに、さすがに非通知で電話はできないです。
そういう場合に、電話番号通知も海外から伝えられるので、本当に便利です。

仲のいい取引先などは、Lineで連絡してしまったり、着信があったとしてもLineかスカイプ通話からかけなおします。

海外に住んでいるから、電話は勘弁してくださいよ~笑なんていえば、後はLineに連絡してくれたりしてくれます。

料金は、そこそこ安い。

全てにおいて無料であるラインを優先しますが、電話が必要となったときの話を書いてみます。

ブラステルは、アプリを通じての料金になるので、そこそこ安いです。
ただ、スカイプ通話とかの方が全然安いです。

しかし、場合によっては、スカイプ通話を優先して使います。
相手が非通知拒否していて受信できない相手の場合は、ブラステルから電話をかけます。

ですが、先に書いた通り、相手によってです。

取引先で気軽に連絡できる相手には、ラインを優先してもらったりしたほうがいいです。
また、ラインがないなら、非通知になってしまいますがスカイプ電話でかけます。

役員クラスの相手には、電話で連絡すればいいと思います。
非通知はしにくいのと、相手に自分の電話番号を残したいからです。

日本の電話番号を海外で使わない理由

ブラステルだけの契約にして、日本の電話番号を解約したらどうか?
日本の電話番号だけにして海外で着信をできるしたらどうか?

そういう考えもあると思います。

ですが、私は日本の電話番号は海外で着信しないようにしていて、ブラステルは海外で着信できるようにしています。

日本の電話番号は日本でのプライベート」に使い、「ブラステルは海外での仕事用」に使ってます。

それはなぜか?

日本でのプライベート番号には、クレジットカード会社への登録などがしてあります。
たまに、キャッシングの案内やリボ払いの案内とかの電話が来るのです。

私は日本との時差が12時間~14時間ある北米や中南米にいます。
日本が昼のとき、現地では夜です。

ですので、自分が寝ているときに、電話がかかってきてしまうことがあるです。

仕事関係だったら、まだ許せます。
たとえ夜でも、緊急の連絡や取引先から電話が来たら対応が必要です。

ですが、どうでもいいキャッシングの案内やリボ払いの連絡のために夜中に電話で起こされると、とんでもないストレスになるのです。

友達からの連絡も、自分が海外に住んでいることを知らなかったり、知ってたとしても連絡してきてしまう場合、夜中に起こされます。

ですので、ブラステルは仕事用として使って、自分の番号番号を1つだけに統一しないで利用しています。

ブラステルは、海外駐在者に最もおすすめ。

プリベイトタイプなので、料金が必要な時以外かかりません。
そして、日本からの着信が可能という点と、フリーダイヤル0120にもかけられます。

この「ブラステル」見つけた時衝撃でした。
便利すぎますし、海外駐在者におすすめすぎる携帯会社です。

私は、日本の格安SIMで契約している電話番号もあるのですが、それは海外にいるときは使ってません。
(その番号は、格安SIMで月900円で継続しています。)

現在は、日本の格安SIMの番号と、海外用でブラステルの2つを利用しています。

ブラステルは、固定費がないので、海外駐在者、仕事で海外にいても日本の取引先と電話が必要な方に絶対におすすめ。

なぜなら、海外で着信だけで使うのであっても、無料だからです。
Lineで連絡取れない相手に、仕事用の電話番号として教えておけば、海外でも着信と連絡が取れます。

これほど、便利で安くていい会社はないです。
ブラステルは、個人的に2020年に見つけた、本当に紹介したい素晴らしいと思えたことの1つでした。

 

海外駐在の日本携帯番号継続。最安、最強のSIMカードは「HIS」
海外在住、長期海外旅行中などで、日本の携帯番号を維持したい方は多いと思います。各会社と比較し、最安かつ、日本への一時帰国時にも使えるのは「HISモバイル」です。申し込み方法、契約方法、おすすめの理由など、実際にHISに変更したので紹介します。

ちなみに、日本の番号を継続したい場合、月額900円が最安での運用です。
それは「HISシム」です。

上記にHISシムの良さを詳しく書きました。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました