コロンビア。ボゴタにある2件のねこカフェは癒しの空間!

コロンビア

コロンビアの首都ボゴタ。
ボゴタでは、野良猫を見ることがまずなく、野良犬は治安の悪い地域にしかいません。

コロンビア旅行中、ボゴタ駐在者の方に、おすすめの猫カフェ2店を紹介します。

GATOS&BLUES

アクセス
トランスミレニオ 駅「Av39」から徒歩8分ほど。
下車後、左に歩いてまっすぐ行けば店があります。ここは、エリアでいうとテウサキジョのLa soledaですが、学生が通る道であり比較的良い住宅街なので、治安の心配は小さいエリアです。

入口の看板。
ねこが描いてあるので、わかりやすいです。

店内の様子

日差しが入ってとても雰囲気が良いです。
2つのテーブルエリアがあります。

メニュー
珈琲は、4000ペソ(130円)くらいからあります。
カフェなので、ケーキなどの軽食が取り揃えてあり、値段は日本円で200円~くらいです。

かわいい絵の描かれたメニューないかと聞いたら、教えてくれました。
CHOCO-CHAY(チョコチャイ)
TORTA PANTERA(トルタパンテーラ)

猫と肉球。

英語は通じないので、下記のスペイン語お伝えください。
スクショ保存しておいて、画像見せれば伝わります。

日本語:チャイに猫の手の絵を描いてほしいです、それともしできればケーキのお皿の上にも猫の絵を描いてくれるようお願いしたいです。

スペイン語
Yo quiero que dibuje mano de gato encima de chay y si es posible, también  dibuje gato sobre el plato ,por favor.

ねこスペースと、猫たち
入場方法は、店員さんにお願いして入場する形となります。
名前とサインを書きます。基本的に、カフェで食事終えたら猫障りに行く人が多かったですが、客の入り具合でどっちでもいいと思います。店員さんに、Quiero tocar a gato.(キエロ トカール ア ガート:ネコ触りたいです。)といえば、ルールを説明して頂けます。

簡潔に大事な点は4点。

・部屋に猫スペースに入った後、洗浄液で手を洗う。

・猫スペースを出たいときは、入り口のベルを鳴らして店員を呼ぶ。

・ねこが寝ていたら起こさない。

・ねこを驚かさないように気を付ける。

時間は30分。
料金は、3,000ペソ(約100円)


ねこスペースの様子。
寝ている子もいます。

だいたい10匹くらい。
横顔美人。お腹がすいたら食事。

料金計

CHOCO-CHAY(チョコチャイ)
7,500ペソ

TORTA PANTERA(トルタパンテーラ)
8,900ペソ

ねこスペース入場料
3,000ペソ

サービス料(チップ)
10%

総額
21,000ペソ
(約630円)

珈琲とねこスペース入場するだけでしたら、10,000ペソ(約340円)くらいでも可能です。

ちなみに、サービス料は会計時に店員さんがスペイン語で聞いてくるので、servicio(セルビシオ)かpropina(プロピーナ)という単語が聞こえたら、siと答えて、チップとしてお店に払って頂きたいです。

感想

超癒されます。

人懐っこい、ねこもいます。
毎回、同じねこが自分の足に乗ってきたり顔を近づけてきたりしてくれます。

初対面だったときでも、そうしてくれたので、とてもフレンドリーな猫です。
寝ている猫を眺めて居るだけでも結構楽しい。

コロンビア人の学生さん、白人の富裕層の家族連れ、外国人駐在員の子供などが遊びに来ていたりもするので、子供連れに結構人気のお店。

時間が被るとたまに混みますが、30分で人は入れ替わるので、飲み物を飲んでゆっくりして待つといいと思います。

もちろん、他の人がいるときでも、ねこスペースに入場可能です。

CALICO Cat cafe

アクセス
トランスミレニオのCalle63が最寄り駅。ただ、駅周辺からねこカフェに向かうまでに、ホームレスや不審者もいるので、昼に行き、人通りの多い所を優先して歩いてください。エリアは、チャピネロになります。

ここはエリアによっては、富裕層がいたり、高級志向のお店もあるので安心できます。トランスミレニオを降りて大きな道路の、ねこカフェ側でない、反対側のエリアは治安が良くないので、行かないようにしてください。

顔全体に刺しゅう入った危ない人とかも見る場所なので、できればタクシーでねこカフェに行ってほしいです。

ボゴタは、ほんと、道1本変わればというか、少し大きめの通りが変わると、治安が急変することがあります。

一番いいのは、治安が良いほうのCalle72駅からチャピネロの様々な観光をしてねこカフェまで行き、その後タクシーで駅か目的地のどこかか、滞在席のホテルまで帰るのが、治安的に一番いいです。

この看板が入り口です。
店内の様子とメニュー

店内はお客さんが多くいたので、写真は控えました。
店内は席と席のスペースもしっかりとしていて、開放的なテラスもあったりとゆったりできます。
レモナーダとクッキー。
2つあわせて10,000ペソほど(約340円)

ねこスペースと猫たち
ねこスペースは2階にあります。
入り方は、総額で10,000ペソ以上注文したレシートを2階の係の人に見せれば入場できます。

手の除菌と、入り口のマットで靴の除菌をして入場します。

寝ている猫を起こさないなどのルールを守って過ごしましょう。

かわいい猫ちゃんたちを眺めたり、触れさせて頂きます。

感想
料金のお得感もあって、かなりよかったです。340円で、カフェと軽食、それと猫と触れられるなんて良すぎな内容だと思います。

今回2件行ってみましたが、なついてくれた猫が多いのは1店目のGatoBluseでした。

観光の1つとして、ねこカフェに行ってみてはいかがでしょうか。
ボゴタにはこういう一面もあって、おもしろいです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました