海外駐在の日本携帯番号継続。最安、最強のSIMカードは「HIS」!

スポンサーリンク

海外駐在、海外赴任、長期海外旅行中などにSIMカードの管理。

みなさま、どうしていらっしゃいますか?

私は、日本の電話番号は、どうしても解約できず残したままでした。

現在、LineなどのSNSアプリが連絡の中心となっているのが現状です。
海外に住んでいても連絡のやり取りは、SNSにてできるので、日本の電話番号を解約しようかなとも思いました。

しかし、学生時代の先生や親族などは、ラインを使ってない人もいます。

そして、クレジットカード契約、その他通販サイト、仕事の取引先との連絡などで、どうしても日本の電話番号は解約できなかったり、変えるのも面倒でした。

私は、ここ1年間、日本の帰国が1回で、日本の総滞在日数は、1か月でした。

その、1年間で、日本でかかった携帯料金は「2万円以上」でした。

格安SIMを利用しており、毎月1,700円の支払いも大手三社に比べれば安いと思っていました。
日本の携帯番号維持するのに、もう少し安くできないかな・・・。


そう思って、色々と調べ上げたうえで一番適切なSIMカードは「HISモバイル」でした。


「HIS」というと旅行会社という印象をお持ちだと思いますが、海外駐在、海外旅行中に最も適したシムカードを取り扱っています!

今回は、私が日本の番号を維持するために、HISモバイルのシムを選んだ様々な理由について書いていきます。

また、日本に住んでいる方もお得なシムカードや、HISモバイルシムの申し込み方法なども書いてますので、読んで頂きたいです。

HIS SIMは、月額料金が最安。

「音声通話+SNS+データー通信」がある、
SIMについて、様々な会社の料金を比較してみました。

HIS SIMですが、自分の調査によると最安値です。

データ容量が「100MBまで、月額900円」 です。

100MBという容量は、少なすぎて1日で即座に消化してしまう容量です。

ですが、海外駐在、海外旅行中は、容量は0でも大丈夫です。
海外にいるときはSIMの容量は関係なく、SIMカードは日本に置いてあって使わないので、容量が関係ないからです。

いままで他社の格安SIMを契約していましたが、月額1,700円を契約したままでした。
これが、HISモバイルSIMの場合は、月額900円になります

1か月の差額は、800円。
年額だと9,600円も節約できます。

月額6,000円などで、携帯3社の契約のしている方もいると思います。
その場合、1ヶ月の差額は5,100円。

額だと、61,200円も節約ができます。
10年で考えると、約60万も節約できます。

↑詳しい情報は、公式HPからも見れます。

他にメリットがあるSIM会社と比較した結果。

下記、独自調査です。

会社 回線 最安料金 利用可能データ容量
HIS SIM ドコモ 900円 100MB
ロケットモバイル ドコモ 948円
b-mobile SB 990円 1GB
AEON MOBILE ドコモ 1,130円 500MB
DTI SIM ドコモ 1,200円 1GB
エキサイトモバイル ドコモ 1,200円
LINEモバイル ドコモ 1,200円 1GB
楽天モバイル ドコモ 1,250円

こうやって見てみると、やはり最安値がHISです。

HISモバイルを選んだ2つの理由

①海外にいるときに、SIMカードは使わないから容量は全く関係ない。
②ブランドイメージ。
①については、海外にいて日本で使わないので、100MBという容量が関係なかったからです。

 

②については、HISと聞くと、おそらく日本の方で誰でも聞いたことがある様な有名な会社です。
ライン、楽天モバイルなども、CMなどもやっていて有名です。

ですが、名前を聞いたことない、有名でない初めて聞いたようなSIM会社は、なんとなく後先が不安だったのです。
フリーテルも、当初は勢いがあったのですが、楽天モバイルに統合されました。

そういった意味では、安心感と安定性を感じる「HISのSIM」を最終的に選びました。

私が、4年くらい前に格安SIMを使い始めた時は、料金を比較し、容量や料金が安かったのを選びました。
当時の格安SIMの月額1,700円でも、大手三社の6,000円などと比べれば、革命的な安さでした。

しかし、4年も経つとSIMの競合他社が価格競争もしており、解約金が発生しないという全体的な業界のルールや価格も変わってきています。

さらに2020年から1,2年後には、音声通話月額500円くらいで他社が出ているかもしれないし、そもそもSIMというものが他の何かに変わっているかもしれません。

また、HISモバイルのSIMは、期間による契約の縛りなどなく、解約時の違約金がかからないのもかなり良いポイントです。

いつでも、無料で解約できるという点は、業界のルールや相場が変わったときにリスクなく、乗り換えができるというのも、良いと思えた点でした。

HIS SIMは、日本に帰国時も使い勝手がとても良い!

HISのシムは、使ったデータ量に対して自動的に月額料金が変更するシステムを採用しているSIMカードになります。

100MBまでは、900円です。
そして、2GBまで使う場合は、1,420円の支払いに自動で変更されます。

私は、日本に帰ってきたときは、2GBも使わないのですが、それでも1,420円です。
外でラインとかFB見るくらいですが、2GBあれば充分すぎる容量です。

また、海外に戻ったら、自動的にそのSIMを使わなくなり、月額900円に戻りますので、とても便利です。

日本に戻っても、SNS使うくらいで、2GBが1,420円なら、かなり納得がいく価格です。
SIMが自動で料金変更するシステムの使い勝手もよく、内容に関してもとても気に入りました。

日本戻ってきて、手続きやプラン変更とか面倒なので、HISは自動でしてくれるので大変助かってます。

HISのSIMに変えた結果。

以前の格安SIM:月額1,700円×12か月=20,400円
現在のHIS SIM:月額900円×12か月=10,800円

年額=9,600円の節約となりました。

これが、海外駐在、赴任、海外旅行中の、日本の携帯番号維持の最安値です。

日本にいる時間が少ない方でSIMカードを契約する場合は、下記がポイントです。

①容量は、さほど関係ない。
②一番安い
③いつでも無料で解約できる

それを満たしてくれるのが「HISモバイルのSIM」でした。

実際に、今のSIMの解約からHISに契約変更してみた。

私は、普段メキシコか南米に住んでいます。

日本戻ってからSIMカード変更でもいいかな・・・と思ったのですが、実は、このHISのSIMカード、全て海外からでもネットだけで「申し込みが完結」できます。

 

ですので、いま海外に住んでいらっしゃる方、海外に滞在されている方、いまこの場で日本の携帯料金を安くすることができますので、海外からの契約もぜひおすすめしたです。

大手携帯会社で月額6,000円くらい払っているコースを選んでいる方、格安SIMで1,700円くらい払っている方は、海外からでも「HISモバイルのSIM」に月900円に変更できます。

 

HISのSIMカードに申し込む前に、MNPの転出をする。

電話番号を継続するため、HIS SIMの申し込みの前に、自分が契約している携帯会社のHPを開きます。
そこで、MNP番号の習得をします。

契約している携帯会社のログイン方法がわからない場合は、問い合わせすればログインIDもわかります。

いま契約している携帯会社の解約手順会社によってはですけど、契約してから12か月以内に解約した場合は1万円くらいかかる場合があります。

近年では制度が変わり、ほとんどの会社で即解約しても、手数料はかかりません。

私の場合は、MNP転出料金と3,300円と、HIS新規契約料で3,000円の計6,600円の費用がかかりました。

ですが、以前の格安SIMでは、月に1,700円を払っていました。
HISの場合は、月々900円で番号が維持できます。

その差額800円。
その初期費用6,600円も、約8か月で回収できます。

9か月目からは、毎月携帯料金が700円近くなると考えることもできます。

HISのSIMカードの申し込み方法

MNP番号を習得したら、次の手順に進みます。


まず上記リンクを開いて頂きたいです。
下記にて1つ1つ手順を紹介していきます。

HP右上の、申し込みを選択。

国内通信プランを選択。
お申込みに必要なものは上記になりますので、準備しておきましょう。

国内ピタッ!音声通話付き。
NTTドコモを選択。(ドコモのほうが安い)

最初は、IDを持ってないので、まず登録。

内容を入力。
(コピペすると水色になってしまって入力できてない状態になるので手入力をするなどをして白い状態にする)

登録完了後は、メールアドレスにリンクが来ているので、それを開きます。

ログインするとすぐ購入手続きになります。
通話定額なし、100MBを選択。

次へを選択。


チェックをいれて、次へを選択。

各項目を入力していきます。

コピペだと入力が水色になっているので、注意が必要です。
文字の欄が白の状態が入力できた状態になります。

本人確認書類で選べるのは、上記です。

海外にいる場合は、スマホでパスポートの画像を撮影し、スマホから携帯電話のメルアドなどに添付します。
それをパソコンから開いて、デスクトップなどに移動してからアップすると楽だと思います。


本人確認書類を選び、ファイルを選択。
追加を選び、次へ。


クレジットカード情報を入力。

 


プランの確認と個人情報の確認。
海外駐在で、日本の電話番号維持をしたい最安値は、上記のお申し込みサービスが最安値です。

 


MNP番号、本人確認、クレジットカード情報確認後、申し込みボタンを押す。

 

これにて申し込み完了です。
そして、MNP開通は、翌日に完了したというメールが来ました。

 


そのメール画面から、リンクに飛ぶとこのような画面へ移動します。
そして、MNP回線切り替えというボタンを押します。

 

受付番号ってなんだっけ?と思いましたが、切り替え画面で自分の電話番号が出るので安心です。
切り替えボタンを押した後は、切り替えの作業を開始するメールがきます。

そのボタンを押したら、ほぼすぐにMNP完了メールが来るので、それにて全て完了です!

以上、日本にいなくても、海外からでも申し込みが可能でした。

その他のポイント

海外在住の方は、SIMカードの届け先を実家にしましょう。
それか、友達の家など預けられる場所にします。会社でも、デスクに保存しておいてもらえば大丈夫です。

日本に住んでいる方は、自分の手元にSIMカードが届いたらピンで差し替えれば作業完了です。

また、自分が海外にいる間であっても、契約は完了しているので、HISの格安の月額にすでに変更されることになります。
届いたSIMカードは、差し替える必要もないので、そのまま自宅に放置して置いて大丈夫です。

そうすれば、毎月900円の請求のみで日本の番号が維持できます。

今回説明した通り、私も海外から申し込んだので、海外にいてもSIMカードのプランが変更できます。

海外在住で日本の番号の維持はしたいけど、格安で日本の番号を運用したいとお考えの方も多いと思います。
その場合、日本に戻った時でなく、海外にいてもネットだけで月額900円の格安SIMに運用の変更が可能です。

私も、メキシコにいるときに、HISモバイルのSIMに変更し、月々の料金を安く変更しました。
SIM変更をすれば、月々の出費を大きくさげることができます。

海外駐在、赴任中の方、海外旅行中の方、日本の番号を継続するために

「HISモバイルのSIMカード」

おすすめです!!

旅行準備
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
糸ぶろぐ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました