スペイン語検定4級のレベル。文法や単語の実際の試験内容詳細。

スポンサーリンク

スペイン語検定4級に合格しました。
どういったことを勉強すれば合格しやすいかを、単語と文法についてをまとめてみました。

接続法や文法の難易度、試験前に目指すスペイン語力について詳細を書いていきます。

スペイン語検定4級のレベル。
試験対策の準備。

4級の過去問は、接続法と命令形が中心の試験でした。
私が受けた実際の試験でもそうとも言えると思いました。

スペイン語検定4級は、検定側が「中級。簡単な日常会話ができ、文法を一通り終了」という説明をしております。

まさに、その通りの試験内容であり、ほぼ全ての文法が万遍なく出題されていました。
設問は、不規則動詞がほとんど。通常活用の動詞は2割くらいだと思いました。

ほとんどが、ひっかけ問題になっていて、よく考えないとミスにつながりやすい問ばかりです。

下記、具体的にどういう風な考えで、スペイン語検定4級に対策して勉強したか、するべきかを私なりに思ったことを書いてみます。

スペイン語検定4級の「接続法」のレベルについて

接続法の現在と現在完了は、出題されていました。
1問だけ独立文もあった覚えがあります。

ただ、レベルとしては初歩の初歩。
問題は ¡Ojalá (1.venga,2.vengo,3.venía) a verme hoy!ぐらいです。

接続法過去、接続法現在完了、接続法過去完了においては、出題されていたかもしれませんが、あったとしてもこれらからの文法から1問あるかないかぐらいだったと思います。

基本的には、スペイン語検定4級は「接続法」がメインの試験という言い方もできるのですが、どちらかというと接続法現在がメインと感じました。

接続法の初歩が試験範囲のように感じました。
大事なことは、接続法とは何かを理解しているか?という点が問われているようにも見えました。

ただ、試験範囲のスペイン語検定側の明確な提示は「人通りの文法を修了」としか案内がないです。

ですので、接続法の現在以外にも、接続法過去、接続法現在完了、接続法過去完了、仮定文なども勉強はしておくべきだと思います。

スペイン語検定4級の直接法のレベルについて

直説法の出題範囲は、全てです。
実際の問題は、バランスよく全て出題されている印象でした。

私は、教科書に書いてある全ての直接法と接続法の用法理解と全ての動詞変化の活用は暗記して試験を受けました。

(直説法と接続法の語尾ar,ir,erの動詞変化と不規則活用も代表的なものを中心に覚えておきました。)

スペイン語検定4級の「単語」レベルについて。

実際のスペイン語検定4級の試験内容は、そんなに知らないような難しい単語は出てこないと思いました。

その基準は人によって違うとは思いますが、実際の試験は「本当に初歩の初歩の単語だけ」という印象でした。

具体的な出題されている単語のレベルで言うと、「CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳」というオレンジの単語本くらいを覚えておけば充分くらいだとおもいました。

読み書きと意味とリスニングがしっかりできれば設問単語は8割~9割くらいわかると思います。
この本に出てくる1,500単語は、全てスペルの読み書きや意味はわかってました。

それと、他の教科書に出てきた知らない単語を調べたりして覚えていたので、私の当時の単語量は、おそらく2,000ぐらいだったと思います。

単語の例でいうと、comprar、escuchar、venir、olvidar、dormirくらいの優しさです。
難しいと思うような動詞は、活用や訳は全然出てこなくて驚きました。

ちなみに、単語を覚えるにしても、チーター、斧、花の菊とか、そういうテストに出なそうなのは、できるだけ後回しにしていました。

そういうのより、机、先生、音楽、授業、とか、日常生活で知っていて当たり前になっているような単語は集中的に間違えないように覚えていました。

スペイン語検定4級の試験問題を作った人は、下記のことを確認したいんだと思います。

「全文法の動詞変化が不規則も含め、正確に答えることができる。」
「文章を見て文法と時制を判断できている。」
「接続法の用法と動詞変化が理解できている。」

私は試験問題を見ていて、そういった内容がスペイン語検定4級の評価の対象と思えました。

それらを確認するためには難しい単語を使わなくても確認はできます。
ですので、実際の試験では簡単な単語だけしか出てこないのだと思いました。

スペイン語検定4級、総まとめ。

スペイン語検定4級合格までに必要なレベルは、私はこのように感じました。

大前提としてあるのが、「全文法の用法を理解+全文法の時制に対する動詞変化が答えられる。(不規則動詞、不規則の現在分詞と過去分詞を含む)」ことです。

基礎のar,ir,er動詞と不規則活用動詞を、直説法と接続法の全ての文法にて動詞活用を答えることができる状態です。

そして、

「接続法の理解。(初歩が中心)」

「命令系」

「時制の一致。文を見て主節と従属節に適切な動詞を当てはめる。」

「初中級単語1,500~2,000くらいを暗記。(意味の理解とスペルが書ける)」
+
「初中級単語を利用した文章をリスニングで聞き取ることができる。」

これらのことができていれば、4級合格するので具体的に自分がどのように勉強していくかは見えてくると思います。

試験に出やすいところだけとか、勉強できない?

最低限勉強しておいたほうがいいところを上記で述べましたが、そのレベルに達すればスペイン語検定4級合格ラインにいけると思います。

そして、スペイン語で会話をしていきたいというのであれば、ここまでは必ず勉強しなければならないです。

なぜかというと、全文法の理解や活用がわかってないと、相手が話してくる時制も主語も意味もわからないですし、自分も言えないと会話が成り立たないからです。

あと、スペイン語検定4級は、問題数が33問しかないです。
(2017年6月の試験の問題数)

その限られた問題数の中、解答を正確に答える

そのためには、スペイン語の基礎を確実に定着させる。
合格のコツはそこだと思います。

ですので、全文法の用法と動詞変化を勉強して、単語量を増やしていくしかないと思います。

最後に。

読んで頂きましてありがとうございました。

実際に受けた時の試験問題形式や具体的な試験対策は、下記にまとめました。
スペイン語検定4級合格。実際の試験内容詳細と合格に近づくコツ。

スペイン語学習者、全ての方を心から応援しています。
このブログ内容が、検定合格につながったら、嬉しいです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました