【コロンビア】マニサレスの観光。街の様子や見所3選を紹介。

コロンビア
スポンサーリンク

コロンビアの都市、マニサレスを観光してみました。
行き方や市内の見どころなどを紹介していきます。

マニサレスの市内移動と行き方。

マニサレスは、メデジンからバスで5時間30分の位置にあり、私はメデジンから行きました。
ペレイラからも1時間の位置です。

その他コロンビアから各都市から、マニサレスのバスターミナルに到着します。


ターミナル到着後は、すぐ傍にあるロープウェイで移動することになります。
ホテルの集まるエリアやセントロがある場所は「Fundadores」駅です。

カード料金2,800ペソ
片道2,000ペソでした。

ロープウェイ乗り場の窓口にて購入とチャージができます。

みどころ① アグア公園


日本語だと水の公園。
こんな感じで、大きな噴水があります。


この公園には、マニサレスのモニュメントがあります。
観光旅行の記念撮影におすすめ。

セントロから歩いて10運くらいの場所にあります。

見所② Mirador De Chipre


ここが一応マニサレスの一番の観光スポット。
市内の中心から歩いて20分ほど。

像があって、たくさんの人が写真撮影しています。

施設内には、小さなコーヒーの博物館などもあります。

ここでお土産を買うことも可能です。

マニサレス、ペレイラ、アルメニアは、コロンビアのコーヒーの3大産地と言われているので、お土産に珈琲豆はおすすめです。

ちなみに、丘の沿いを歩いて行くのですが、多くの人が凧を上げて遊んでいます。
ほんと、凧以外することないのではと思うほど、多くの人が楽しんでいました。

見所③ マニサレス市内の観光。


コロンビアの中では、マニサレスは大都市でなく地方都市という位置づけです。
大きな商業施設も少なく、あるとしたら上記画像くらいでした。


セントロは、グーグルマップ表示だと「Plaza de Bolivar」あたりです。
ところどころ大きな教会や広場などもありました。

マニサレスの治安について。

マニサレスの観光の中心であれば、特に問題は感じにくいと思いました。
というか、欧米の観光客や駐在の人がちらほらいます。

マニサレスで何をしているのかを聞いたのですが、ホテルのボランティアスタッフをしていたり、サレントやペレイラからボゴタやメデジンに直接行かないで、マニサレスも寄ってみている人もいるみたいでした。

ホテルスタッフしている欧米人の方も、数年いるけど全然何も問題起きていないということでした。

結構、コロンビアは外務省の発表している治安注意の2~3レベルは、あながち事件は起きています。

マニサレスはレベル1なので、さほどかなと思いました。

こんな感じで、ロープウェイで市内の中心に来ると、真ん中の通りは商店街になっており賑わいがあり、多くの人がいます。

ただ、私が過ごしたのは、本当に中心の繁華街だけです。
マニサレスは、上記画像の通り観光する場所以外の住むエリアも結構広いのでそこはわからないと思いました。

しかし、観光で行くエリアだけにおいては、大きな不安はもたなくても大丈夫と個人的な感想は持ちました。

マニサレスの観光、感想。

私はコロンビアが好きなので行ってみましたが、特段なにかすごい見所があるかというと微妙です。

ただ、まだ知らぬ新たな一面のコロンビア、地方のコロンビアの都市を見てみたい方にはおすすめです。

どちらかというと、観光のための街というより、コロンビア人の生活、住むための都市という印象がマニサレスにはありました。

コロンビア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
糸ぶろぐ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました