スペイン語。クレジットカード情報の入力方法。各単語の意味。

スペイン語圏で通販をするときなどは、クレジットカード情報をスペイン語で入力することになります。
また旅行中も、航空券を買う時などはスペイン語対応となる場合があります。

ちなみに、
tarjetas de créditoが、クレジットカード
Efectivoが、現金

という意味なので、自分が払いたい方法を選べます。

今回は、クレジットカード情報を入力するときに出てくる、スペイン語の意味を1つ1つ説明させて頂きます。

Medios de pago

VISA、Master、アメリカンエキスプレス、ダイナースのどれかを選ぶということです。

Numero de la tarjeta

自分のクレジットカード番号になります。

Fecha de vencimiento

クレジットカードの有効期限です。

Código de seguridad

裏面に書いてある、3桁の数字です。

Número de cuotas

カードを何回払いするかを選びます。
数字の1にすれば、一括払い。

分割払いにしたい場合、払いたい回数の数字を入力か選べば大丈夫です。

Nombre y apellido impreso en la tarjeta

Nombreが名前。
Apellidoが苗字です。

名前、苗字の順に英字で入力していけば大丈夫です。

Documento de identificación

ほとんどの場合、Pasaporteという欄があるので、そこに自分のパスポート№を入力すれば大丈夫です。
PPと略されている場合もあります。

そのほかは、CEというのもよく使われます。
cédula de extranjería、外国人の身分証明という意味です。

学生ビザ、就労ビザなどを持っていると移民局で身分証がもらえるので、そのときに番号が交付されます。
その番号を入力すれば大丈夫です。

CCは、cédula de ciudadanía、にてその国に住む自国民という意味になります。

ですので、PPかCEのどちらかは、あると思うので、そちらを選んで入力することになります。

Número de teléfono

電話番号になります。
携帯で大丈夫です。

日本の番号の場合は、+81 90-●●●●-●●●●

のように、090だったら、0をひとつ抜かして書きます。
+81は日本の国番号です。

その国の携帯電話番号を持っているなら、そっちでもいいです。

通販などでは、ワッツアップなどで相手からメッセージや電話が来る場合もあるので、ワッツアップのある番号やその場でつながる状態の番号を選んでおいたほうがいいです。

Correo electrónico

メールアドレスの意味になるので、そのまま入力すれば大丈夫です。

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました