WhatsApp。特定の相手にプロフィール画像アイコンを見せなくする方法!

アプリ
スポンサーリンク

ワッツアップを使っていて、知り合いに自分のプロフィール画像を見せたくない!
でも、仲のいい友人には自分のプロフ画面を見せたい!

だって、彼氏と一緒の写真載せたいんだもん!!

で、でも、見せたくない人もいる!!
職場の上司とか、連絡を取らなければならない人に見せたくない!!!

 

そんな悩みを持った方もいると思います。

今回は、ワッツアップで、プロフィール画像アイコンを見せたい人だけに見せて、見せたくない人には見せない方法を紹介します。

 

プロフィール画像のプライバシーの守り方。

今回の目的は、特定の相手には自分のプロフィール画像を見せたい。
そして、自分が見せたくない人に対しては、プロフィール画像アイコンを隠して見せたくない。

これが、今回のタイトル通りで知りたいことだと思います。

まず、このプロフィール画像のプライバシーを守るにあたって、WhatsAppの連絡先とは何か?を知っておく必要があるので紹介します。

ワッツアップの連絡先について説明。

WhatsAppで相手が連絡先(ワッツアップ上での連絡先)にいない場合、最初に相手からメッセージが送られてきた場合にこのような画面が出ます。

 

ここで「連絡先に追加」というボタンを押すと、自分の携帯電話の連絡帳に相手の電話番号が登録されることになります。

ですが、実はこのボタンを押さなくても、携帯電話の連絡帳に相手の電話番号を登録すれば、ワッツアップ上で連絡先に登録されたことになってます。

ワッツアップは、携帯の連絡帳と連携するようになっており、自分の携帯の連絡帳に相手の電話番号を登録するということが、WhatsAppの連絡先を追加するということなのです。

ですので、友達申請という言葉は、ワッツアップ上には存在しておらず、機能としても友達という言葉はないのです。

ワッツアップにおける友達申請=携帯の連絡帳に相手を登録する。ということなので、連絡先の追加ボタンを押せば、携帯電話本体の、連絡帳登録画面に移動することになります。

そういうことなので、登録のメッセージが相手から来る前から、相手の電話番号を自分の連絡先に入れておけば、相手が自分の電話番号を登録している状態であり、自分が相手の電話番号を登録してあれば、お互いが常に連絡先の知り合い同士(ワッツアップの連絡先という関係)になっています。


ですので、自分が相手の連絡先(電話番号)を携帯電話に登録してある状態であれば、上記画面は出てきません。
その状態は、すでに相手を携帯電話の連絡先として登録しているからです。

つまり、ワッツアップの連絡先として登録されている状態です。

今回、プロフィール画像を特定の相手に見せて、特定の相手に隠して見せない方法において、連絡先については必ず知っておかなければならないことですので、説明しました。

特定の相手のみに自分のプロフィール画像を公開する方法。

これから、今回のメインになる、プロフィール画像アイコンを特定の見せたい人には見せて、特定の人に隠して見せたくない人には見せない方法を説明します。

実は、上記の画像の設定画面の通り、ワッツアップにおいて「特定の連絡先のみにプロフィール画像を公開する、公開しない」という設定方法はないのです。

ですが、自分で工夫した設定方法をすれば、特定の連絡先のみにプロフィール画像を見せることができて、特定の相手に見せないように設定できます。

では、下記にて手順と概要を説明していきます。

まず、ワッツアップの設定で、プロフィール画像を「自分の連絡先」に設定します。

そして、新しく知り合った人の「+81 080-●●●●ー●●●●」という番号から、自分に連絡が来たとします。
そうしたら、その人を追加登録、つまり携帯の連絡先に登録をしなければ、相手にプロフィール画像が公開されることはないです。

単純な理由なのですが、設定で「自分の連絡先」のみに公開になっています。

ですので、連絡先に登録しなければ、連絡先に登録されている人以外は、自分のプロフィール画像アイコンは見ることができません。

また、もし連絡先にすでに登録している人がいれば、その人を連絡先から削除すれば相手にプロフィール画像が公開されることはないです。

「自分の連絡先」のみの公開なので、連絡先を削除すれば、相手からプロフィール画像を見られていません。

最初に書いた通り、ワッツアップの連絡先=携帯電話の連絡帳に登録されている人なので、携帯の電話番号の連絡帳からその人を削除をし、設定で「自分の連絡先」だけに公開をしていれば、その相手に自分のプロフィール画像を見せなくすることができます。

1つだけ注意点はあるけど、大丈夫。

これらの状態では、相手の名前は連絡先に登録をしていないので、メッセージ上で名前の設定はできません。
しかし、WhatsAppの特徴なのですが、実は相手を連絡先に登録しなくてもメッセージのやり取りが可能です。

そして、その場合、相手の名前は、ワッツアップのメッセージ画面で、相手の電話番号だけの表示になります。


相手の名前を登録してなくて、誰だかわからなくならない?

という点ですが、相手のことを覚えていることはできると思います。

なぜなら、相手とのメッセージのやりとりで、だいたい初めに

今日新宿の叙々苑最高だったね。〇〇の友達の●●だよ。よろしくねー。」
などの、やりとりがメッセージ画面に残っているので、その人が誰だかは覚えているはずです。

 

(えっ?100人以上の男性におごってもらったから、1人1人覚えてない? 知らん。

仕事や学校などの関係で、連絡は取らなければならないけど、その人たちにプロフィール画像などのプライバシーは公開したくない。

ちょっと知り合ったくらいの異性相手に、自分のプロフィール画像を公開したくない。
自分のプロフィール画像が彼氏との2ショットだったり、それらを見せたくないときもあると思います。

結論と手順

自分のプロフィール画像を見せたくない人は、相手を連絡先に登録しないで、名前が電話番号だけで見えるようにしておいて「連絡先だけに公開」に設定すればいいです。

手順。

1から下記に書いていきますね。

①ワッツアップの設定で「連絡先のみ」に設定する。

右下の設定タブを選び、アカウントを選択


プライバシーを選択


プロフィール画像を選択


3つの選択肢の中から、「自分の連絡先」を選択。
以上で、設定は完了です。

②設定完了後、自分がプロフィール画像を見せたい相手だけを、携帯電話の連絡帳に登録する。

③新しく知り合った相手に対して、自分がプロフィール画像を見せたくない場合は、その特定の相手の連絡先を自分の携帯電話の連絡帳に登録をしないで、電話番号表示だけにしておく。

前々から知り合いだった人に対して、自分がプロフィール画像を見せたくない場合は、その特定の前々から知り合いだった人の連絡先を自分の携帯から削除する。

④そうすれば、自分のプロフィール画像を見せたくない相手の方々は、自分のプロフィール画像を見ることができず、初期設定画像にしか見えていません。

そして、自分がプロフィール画像を見せたい相手(連絡先)に対しては、自分のプロフィール画像を見せていることができます。

これで、今回のタイトル通りの内容は、全て記したと思います。

ですが、ワッツアップにおいて、プライバシーを守るために、様々なことを知っておかないとプライバシーが筒抜けなので、よろしければ下記もご覧ください。

 

プロフィール画像を「すべての人」に公開するについての大きな注意点。

今回のタイトル以外、特定の相手に見せないにしても、これは自分のプライバシーを守るうえで知っておいた方がいい情報です。

WhatsAppの初期設定において、プロフィール画像は「すべての人」に公開する設定になっています。
文字通りですが全ての人が回覧可能な状態です。

ですが、言い方を変えると、WhatsAppをダウンロードしている全ての人が閲覧可能な状態とも言えるのです。

どういうことかというと、自分が連絡先に登録していない人でも、電話番号を知られていれば自分のプロフィール画像を見ることができます。

「自分が連絡先に登録している人」というのは、すぐに理解できると思います。
相手の電話番号を知っていて、自分が携帯の連絡帳(ワッツアップ)に登録した状態です。

しかし、連絡先に入っていない他の人ってどういう状態?と疑問がある方はいると思います。

前述した通りなのですが、WhatsAppは、WhatsAppをダウンロードしている人同士であれば、連絡を送りたい相手の電話番号がわかっていれば、ワッツアップで連絡を送ることができます。

つまり、電話番号を知っていて、プロフィール画像が「すべての人」設定になっていれば、相手のプロフィール画像アイコンは見ることができるのです。

ですので、相手が自分の電話番号を知っていて、さらにお互いがWhatsAppをしている人同士であれば、その人のプロフィール画像アイコンを見ることができます。

さらに、通知を残さず、メッセージを送らなくても、プロフィールアイコンを見ることはできる状態なのです。

例えば、会社の名簿などから、特定の相手の携帯電話番号を知ることができるとします。

自分もワッツアップに登録している状態であり、その人がワッツアップに登録していて、プロフィール画像を「すべての人」に公開していれば、相手に通知を残さずに、メッセージをしなくてもプロフィールアイコンだけは見えるのです。

結論
プロフィールアイコンの「すべての人」に公開というのは、連絡先からはもちろん見られていますし、赤の他人で全く知らない人が自分の電話番号を知っていて、さらにお互いがワッツアップをしている人は、メッセージを送らなくても、プロフィール画像は通知なしで見ることができます。

つまり、プロフィール画像を「全ての人に公開」するというのは、プライバシーが筒抜け状態なのです。
全然知らない相手からも、電話番号さえ知られていれば、プロフィール画像が見られているのです。

ですので、このワッツアップの設定について、プライバシーを気にしている人は、注意が必要です。

プロフィール画像を「公開しない」設定について。


この状態は、とてもシンプルで一切誰にもプロフィールアイコンが公開されません。
自分だけしか、自分の設定したアイコンが見えていない状態です。

つまり、誰から見てもこの初期状態の画像でしか自分が見られていません。

相手にプロフィール画像を見られたくない、見せたくないならこの設定にしておけばいいです。
それか、そもそもアイコンを何かに設定せず、初期設定のままに設定しておけば全く同じことになります。

プロフィール画像アイコンを見せない他の方法「ブロック」する。

例外として自分がブロックをした人からは、自分のプロフィール画像が初期画像として見えます。

ですが、プロフィール画像を「すべてに公開」にした場合は、そのブロックした相手が、他の電話番号を使ってワッツアップで自分を見たらアイコン画像は見られてしまいます。

誰かをブロックする場合などもあると思います。
ですが、すべてに公開していた場合は、相手が他の番号から自分のプロフィール画像を見ることができてしまうのです。

ですので、ブロックした=プロフィール画像が公開されない。というのは、合ってはいるのですが、相手が他の番号を使ってくれば見られてしまうので、安心はできないのです。

ですので今回最初に紹介した「連絡先のみ」に公開をして、自分が見せたくない相手は連絡先に登録しない、削除するのが、一番自分のプライバシーを守るために確実な方法です。

それか、公開しないに設定する。

ワッツアップのプロフィール画像の設定方法は、選択肢が3つしかないので「すべての人」に公開する以外を選んでおかないと、結構簡単に開いてからプロフィール画像が見られてしまう状態になっています。

プライバシーを守るための最良の方法、まとめ。

ワッツアップは海外のアプリなので、あまりプライバシーを守る方法は考えられてないです。

①誰にでも見られていいのであれば「すべての人」に設定する。
②相手に全く見せたくないのであれば「公開しない」にする。
③見せたくない相手がいれば、「自分の連絡先」だけに公開する。

④ブロックするほどでもない見せたくない相手がいて、自分のプロフィール画像を特定の人だけに見せて、特定の人だけに見せないようにする場合「自分の連絡先」に設定をして、見せたい相手は連絡先登録して、見せたくない相手は連絡先に登録しなければ、自分の見せたい相手だけにプロフィール画像を見せることができます。

そうすれば「連絡先」のみに公開しているので、自分の番号を知っている人や赤の他人が自分の番号を知っていたとしても、全ての人に公開となっておらず、赤の他人や見せたくない特定の相手が、自分にプロフィール画像アイコンを見ることができず、プライバシーが守れます。

この方法が、自分のプロフィール画像、プライバシーを守るための方法です。

 

アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
糸ぶろぐ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました