whatsapp★電話番号を知られたくない場合の使い方や考え。

スポンサーリンク

海外で主要アプリワッツアップ。

すでにワッツアップを使って8年以上、記事も30ほど書きました。 今回は、相手に電話番号を知られたくない、教えたくないで使いたい場合などの基本情報をお伝えします。

相手に電話番号を知られないでワッツアップを利用する方法

このタイトルですが、不可能です。
そしてワッツアップは、自分のIDなどないのです。

自分の電話番号がIDのような役割をしており、電話番号を利用して相手とやりとりをすることになります。
ですので、自分の電話番号を知らせずに相手とやり取りすることは不可能です。

非通知でとか、そういうのも無理。
そもそも電話番号がない限り登録も使用もできないので、電話番号がない限りメッセージも送れません。

しかし、考え方を変えて他の方法でしたら可能と言ったら可能です。

方法
例えば、携帯をもう一台持っていれば、そこに携帯会社と新規で契約した電話番号を新しく習得したワッツアップを使って相手に連絡すれば自分のプライベートの番号は教える必要がないです。

自分のプライベートの電話番号を相手に教えないで、自分が習得した違う電話番号があれば相手とやりとりができるからです。

また携帯をもう一台買わなくても、最近携帯メーカーのシャオミやオッポなどを持っている場合、セカンドスペース機能(携帯1台で2つの携帯を使える)などを利用することで複数アカウントの所有とデュアルシムでシムカードが2つ使えます。

(デゥアルシムとは、1つの携帯にシムカードが2枚入れられます。 セカンドスペースとは、1つの携帯で2つの携帯電話機能が使えます。)

新規の番号を習得すれば、1台の携帯ですが、もう1つの電話番号を相手に教えてプライベートの番号を教えずに相手にワッツアップ上で連絡がとれます。

おすすめの携帯会社は契約手数料、解約手数料、月額0円で運用できる楽天モバイルです。

自分のプライベート番号を相手に教えたくないのであれば、新しい電話番号を作ればサブアカウント運用可能です。

ワッツアップで自分が相手の電話番号を知っている場合はどうなる?

例えば、自分が相手の電話番号を知っていて自分の電話番号を携帯に登録していてワッツアップを使っているとします。

この場合は、自分から相手にワッツアップで連絡しない限り、相手に自分の電話番号が伝わることはないです。
機能上、伝わることがないので大丈夫です。

ただ、自分から相手にワッツアップ上で連絡してしまうと相手のメッセージ画面に自分の電話番号が出てしまうのでばれる可能性が一気に高まります。

ですが、実際は相手からすると電話番号をみただけだと誰だかわからないので、自分がプロフィール画像に顔画像等を設定してない限り「あなただれですか?」と聞かれます。

例えば、090-★★★ー★★★★という番号からいきなり「こんにちは」というメッセージが来ても、誰だかわからないですよね。

ですので、相手の電話番号を自分で登録してても相手にメッセージを送らない限り相手に電話番号はばれません。

そして、連絡してしまったとしても、自分から自分が誰かを名乗らない限り、相手は自分が誰だかをわからないです。

メッセージ送ったとき相手には自分の電話番号は見えてますが、その番号が誰だかわからないからです。

ちなみにワッツアップの友達という機能はないですが、ワッツアップは自分の連絡帳に登録されている人が、友達というような状態になります。

ちなみに、相手の電話番号を登録してしまうリスクは1点。

自分が相手の電話番号を登録しているということは、もしも相手が自分の電話番号を携帯電話に登録した状態ですと、すでに「友達」という状態に機能上なっています。

つまり友達限定に公開していることが、相手には見えてしまっています。 それは、友達限定に公開している自分のプロフィール画像、ステータスです。

ですので、ワッツアップを利用している場合に、ステータスというフェイスブックでいうとストーリー的なものを更新すると、友達限定に公開にしているつもりが相手にも見られてしまいます。

ワッツアップにおける友達の定義は、自分が相手の電話番号を登録していて、相手が自分の電話番号を登録している状態です。

(片方でも欠けていたら、友達状態になってないので公開に制限がかかる。) そして相手の設定状況が、開封証明オフにしていると、ステータスに足跡を残さずに見れてしまうので、自分が全く気付かないうちに毎回ステータスの更新をチェックされてしまうという事態がおきます。

対策方法は2つ。
①知られたくない相手の電話番号を自分の連絡帳に登録しない。
②相手に自分の電話番号を知られない。


①は自分で対策すれば防げます。
②は、対策しているつもりが相手に知らないうちに人から聞いたりして知られている可能性があるので防げない場合があります。

ですので、①をしておけば、自分のプライバシーは守れます。

自分の電話番号を知られている相手と連絡が取りたくない場合は?

相手からメッセージが来た場合、その人をブロック登録すれば拒否、というか自分にメッセージは届きません。
それ以外は、拒否できません。

そして、これはワッツアップの機能上の欠点と私は思ってます。 それは誰かが自分の電話番号を知っている以上、その人は自分に連絡ができてしまいます。

現状、拒否権がないです。

知らない人からメッセージが来た場合は、受信しない。
というような設定がワッツアップにはありません。

個別に対しては拒否(ブロック)できますが全体の拒否の設定がないのです。

そのあとに、表示された相手の電話番号をワッツアップ上で拒否すれば、相手からのメッセージは届かなくなりますが、相手からすると送ったメッセージが未読の状態のままになる状態になります。

ただ、自分が相手の電話番号の把握をしてさえしまえば拒否登録(ブロック)できるのでメッセージは受信しません。

対策はできるか?

最初は、できません。

誰かが自分の電話番号を知っている以上、相手からのメッセージは必ず届きます。
連絡が来た後は、1人1人ブロックしていくしかないです。

ただ、そうなってしまった以上は、相当面倒なのでもう電話番号変えるかワッツアップを消して使わないようにしなければなりません。

しかも電話番号知られた以上、ワッツアップ以外にも、電話で電話番号通しで通話もできるのでどうしようもない状態になります。

ワッツアップは、電話番号の漏洩は基本的にはない。

これはどういうことかというと、相手に電話番号を知られたくないというのはワッツアップを通じて漏れたのでなくて、相手が誰かから自分の電話番号を知ることができたから連絡してきたのだと思います。

相手に過去に口頭や他のSNSなどで自分の電話番号を教えていない限り、そもそも自分の電話番号がわかるはずないのでワッツアップから漏洩したわけではないです。

相手がいきなり、ワッツアップで連絡してきたということは、相手が以前に自分から電話番号を聞いて知っていたか、自分の友達や知り合いが相手に自分の電話番号を教えたか、職場の名簿などから勝手に電話番号を見つけて連絡してきたというような、外的な手段で相手に電話番号が知られています。

前述した通り、ネットに公開されていたとかされたとかでも同じことです。 あとは、ワッツアップは海外でよく使われます。 自分がどこかのレストランとワッツアップでやりとりしたときに、自分の電話番号が業者が名簿として売ったりしたら漏洩します。

ですが、上記のことの全てワッツアップの機能上漏洩したというより、人間が意思をもって流出させたので、ワッツアップの機能が原因ではないのがほとんどで、個人情報が漏洩します。

また、ワッツアップ内においては、グループチャットという機能があるので、それに知られたくない相手がいる状態で呼ばれた場合は自分が存在するので電話番号がでてしまいます。

ですが、それ以外に相手に電話番号を知られたくないというのは、使用上は不可。 なぜなら、再度言いますが、ワッツアップは電話番号がなければメッセージも送れないですし、何より使えないのです。

私の契約している携帯会社「楽天モバイル」のメリット、デメリットを上の記事にまとめました。

簡単にまとめ。

・新規申し込みとMNP(乗り換え時)契約手数料なし、解約手数料なし、縛りなし、月額0円運用可能。
・海外在住の方も同様であり、日本の電話番号維持が0円で可能。
・新規で楽天モバイルを契約して他SNSに使用するサブアカウントを無料で作れて0円継続できる。
・新規契約時5000ポイントor20000ポイント。
 MNP契約時の場合に携帯端末と同時購入で最大25000ポイント習得可能。
(1ポイント=1円扱い。ポイント数は、キャンペーンの時期によるので常にHP確認。)


楽天モバイルの公式HP。
細かい内容を知ることができます。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました