クスコからラパスの移動【飛行機かバス?料金と時間を比較】

ペルー
ペルーのクスコからボリビアのラパスへの移動。
バスと飛行機どっちが良い?
飛行機の場合

料金:片道:10,600円。
所要時間:55分。
スカイスキャナーを見ると、料金は安い時で7,500~9,000円。高いと18,000円くらいです。

バスの場合

料金:片道:約3,200円から3,900円
所要時間:約17時間以上。

ペルーのプーノ乗り換えかラパス直行があるようです。
値段だけで比較すると、この路線に関してはバスのほうが安いと思いました。

飛行機移動の場合、当日にラパス→ウユニ行きの便があります。

下記の通りクスコ発は、時間帯がとても良いです。

ペルー、クスコ発。10:25
ボリビア、ラパス着。12:20
所要時間:約55分(ペルーとボリビアの時差が1時間あります)

*変更もあるかもしれないので、スカイスキャナーにて時刻、料金は常に確認をお願いします。

昼着なので夜着に比べると、治安の不安も小さいです。

また、クスコを朝発の飛行機に乗り、ボリビアの首都ラパスに12時頃到着後、当日にウユニ塩湖のあるウユニに飛行機で行くことも可能です。

ラパス発19:15
ウユニ着20:00

この便の料金も、約8,000-15,000円です。

荷物を空港に預ければ、ウユニ出発までの4時間ぐらいであれば、ラパス市内の観光もできると思います。

時間に余裕があり、安さを求めるならバス。
時間効率や快適な移動をするのであれば飛行機。

今回、私は飛行機の利用にしました。
下記は、実際に利用したAmazonas航空のレポです。

ペルークスコ市内からクスコ空港へ移動。

航空会社はアマソナス航空を利用しました。
接客が素晴らしかったです。

日本の団体ツアー客もたくさんの人が利用していました。
乗車時間は55分でしたが、接客も良くて快適そのものでした。

クスコ空港には日本人がたくさんいました。

ペルーボリビアは、日本人旅行者が選ぶ南米旅行、人気のTOP2。

日本→アメリカ経由→ペル―(リマ)→クスコ→ラパス(ボリビア)経由ウユニ。
そして同じルートで日本に戻る。これが、南米旅行の鉄板ルートだと思います。

クスコの空港ですが、日本人の方が50人以上は確実にいました。
団体ツアーが2組。個人旅行者も、10人ぐらいいたと思います。

このAmazonasは、日本人のツアー客にも毎回利用されているので、信用できる航空会社だと思いました。

接客もとてもよくて、搭乗やチェックイン手続きもスムーズでした。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました